2018.04.14

「ポスト古田」として契約金7500万円
もらった高卒捕手が見たもの

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

──米野さんが入団するときの契約金は推定で7500万円。3位指名の高校生ルーキーとしては破格の金額じゃないですか? これは「ポスト古田」として期待されていたんですね。

米野 当時は高校生のドラフト1位がもらえる金額が8000万円くらいでしたから、それと同等の評価をしていただいたんだと思います。

──1年目の年俸が推定700万円でしたから、球団からすれば「2、3年ファームで頑張って、一軍に上がってこい」ということですね。

米野 そうですね。高校からプロに入ってきて、レベルが違うことがすぐにわかりました。「いったい、いつ一軍で試合に出られるんだろう」と思ったほど。二軍でも相当レベルが高かったですから。

──キャッチャーは特に覚えることが多くて大変ですよね?

米野 配球やキャッチング、サインプレーなど勉強することがたくさんあります。ピッチャーごとに投球のサインが違うので、それを覚えるだけでもひと苦労でした。試合になるとどうしても焦るので、やっぱり大変でしたね。

──米野さんがプロに入ってからも自信を持っていたことは?

米野 僕は肩の強さを評価されてプロに入ったと思っていました。肩だけには自信があって、もしかしたらチームの中で一番じゃないかなと。

──プロのピッチャーで「この人のボールはすごすぎて捕れない」と思ったことはありませんか?

米野 今、スワローズの一軍投手コーチをしている石井弘寿さんです。あのスライダーは衝撃でした。ほかのピッチャーとは全然軌道が違っていて、本当に捕れませんでした。 簡単に言ったら、見えない壁にぶつかってそのまま跳ね返ってくる感じ。曲がったあともスピードが落ちない。曲がり幅も大きくて怖かった......。受けるのが難しいくらいですから、バッターが打つのはもっと難しいですよね。

──ほかには?

米野 五十嵐亮太さん(現福岡ソフトバンクホークス)はストレートも速かったけど、フォークがすごかった。