2018.04.07

ローテ死守の葛藤を超えて…。
DeNA井納翔一「優勝への配置転換」

  • 村瀬秀信●取材・文 text by Murase Hidenobu
  • 小池義弘●撮影 photo by Koike Yoshihiro

「宇宙人って最初はすごい嫌でしたけど......今は受け入れられたというか。受け入れてみれば悪いことばかりじゃなかった。僕のことを覚えてくれたり、TV番組に呼んでくれたり。投手全体では加賀さんと藤岡さんが上にいますけど、先発陣では一番年上。何をしたらいいか......正直わかんないんですよ。三浦さんは僕のイメージだとひとり黙々と練習する姿なんですが、背中で見せるなんてできません。僕、やっぱり変わっているのはわかってますから(笑)。

 ただ、ちょっとずつですが、僕と似たような失敗をしている若い選手を見かけたら、『こうした方がいいんじゃない?』とか、僕の感覚を伝えることも増えてきました。若い選手は周囲からいろんなことを言われて考えすぎてしまうことが多々あります。僕は『そんなに考える必要はない』と言ってあげるんです。

 僕も悪いフォームから始まって、どうすればよくなるか修正して修正してやってきましたからね。深く考え過ぎても、その選手にとって大事な修正ポイントは1つか2つですよ。それを早く見つけたほうがいいと思います」

 ケガによる誤算もあったが、今季のベイスターズ先発陣には左投手がずらりと並んでいる。開幕投手に指名された石田健大、侍ジャパンの主戦でもある今永昇太、昨年新人で10勝を挙げた濵口遥人、そしてルーキーにして開幕ローテ入りを果たした東克樹の4人。年長者となった井納から見て、今季のベイスターズの投手陣はどのように見えているのだろう。

「まぁ、凄いですよ。しかもそれぞれタイプが違いますから。今永に関しては今のセ・リーグの左腕では、巨人の田口と並んでトップクラスではないでしょうか。去年新人で10勝した濵口も真っ直ぐとチェンジアップの時の腕の出どころが一緒。バッターは相当打ちづらいと思いますよ、あれは。さらにルーキーの東もいいでしょ。凄いですよね。

 そして一番年上の石田。去年は結果が出なかったけど、悪くても挽回しましたしね。エースですよ。フォーム自体もいいし、ボールにキレはあるし、落ちるボールを右にも左にも投げられるしね。左はどんどんレベルが上がっています。逆に、このチームの投手陣に何が足りないかって、ひと言で言ったら"右ピッチャー"だと思うので、僕も頑張らないといけない」