2018.03.30

解説者7人のパ・リーグ予想。
1人だけソフトバンク3位予想の根拠は

  • 田口元義、スポルティーバ●文 text by Taguchi Genki、Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎西山秀二氏

1位:ソフトバンク
2位:西武
3位:楽天
4位:日本ハム
5位:オリックス
6位:ロッテ

 パ・リーグはソフトバンクの1強ムードが漂っています。打線の破壊力、投手陣の充実ぶり、堅守と、どこを見ても頭ひとつ抜けています。短期決戦なら番狂わせもあるかもしれませんが、143試合の戦いになるとそれも考えにくい。

 では、ソフトバンクを脅かすチームはどこなのかと考えたときに、真っ先に浮かぶのが西武です。投手陣は、野上亮磨、牧田和久が抜けたことが懸念材料に挙げられていますが、そこまで落ち込まないと思います。菊池雄星という大エースがいて、十亀剣と高木勇人という経験豊富な投手がいて、多和田真三郎や高橋光成といった若手も成長している。もともと打線に関しては絶対の自信を持ったチームですので、投手陣の踏ん張り次第ではかなり面白い戦いになるのではないでしょうか。

 次に続くのが楽天です。投打のバランスがよく、飛び抜けた選手はいませんが、きっちり仕事をする選手が揃っている印象があります。不安があるとすれば、嶋宣宏の状態でしょうか。彼はチームにとっての精神的支柱であり、嶋がマスクを被るだけで相手はいろんなことを考える。近年はケガに泣かされて満足のいくシーズンを送れていませんが、嶋が試合に出るのと出ないのとでは大きく違う。楽天浮上のカギは嶋が握っているといっても過言ではありません。

 4位以降は大混戦ですが、試合巧者ぶりで日本ハムがやや上かなと……。オリックスは毎年上位候補に挙げられますが、なかなか結果を残せていません。選手個々の力はあるだけにAクラスの可能性は十分にありますが、チームとして機能してない印象があります。ロッテは涌井秀章が残留したとはいえ、ほかのチームと比べて戦力が劣ります。4位までならチャンスはあると思いますが、Aクラスは厳しいでしょうね。