2018.03.30

解説者7人のパ・リーグ予想。
1人だけソフトバンク3位予想の根拠は

  • 田口元義、スポルティーバ●文 text by Taguchi Genki、Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎野村弘樹氏

1位:ソフトバンク
2位:楽天
3位:西武
4位:オリックス
5位:日本ハム
6位:ロッテ

 かつて西武の黄金期に、他の5チームが西武戦にエースをぶつけるという包囲網を敷いたことがありましたが、同じようなことをソフトバンクにすべきでしょうね。ソフトバンク攻略のヒントは、昨年のCSファイナルと日本シリーズです。CSでは楽天の辛島航、塩見貴洋の左腕ふたりに苦しみ、日本シリーズではDeNAの今永昇太、濱口遥大に手を焼いた。ソフトバンク打線が左投手を苦にしているのは明らかです。ならば、5球団は徹底してソフトバンク戦に左投手をぶつけてみる。それぐらいの思い切った戦略が必要かもしれないですね。それでもソフトバンクの壁をぶち破るのは並大抵なことではありません。

 難しいのは、2位から4位です。楽天、西武、オリックスの3チームは、レギュラークラスの選手はソフトバンクと大差はありません。なかでもオリックスは、投手陣は金子千尋、西勇輝、ディクソン、山岡泰輔の先発陣に、日本ハムの絶対的守護神だった増井浩俊が加わった。攻撃陣も、ロメロ、マレーロ、吉田正尚と破壊力のある選手が並ぶ。優勝してもおかしくないメンバーですが、1年間固定できない。そこがクリアできれば優勝争いをすると思うのですが、そのイメージが沸かないのも事実です。なので、4位にしました。

 楽天は投手力、西武は攻撃力とチームカラーは対照的ですが、長いシーズンを考えたときに、計算できる投手が多い方が勝つのでは……ということで楽天が2位、西武を3位にしました。とはいえ、この2チームは最後まで熾烈な戦いを繰り広げると思います。

 ロッテは、昨年最下位だからこそ思いきった戦いをしてほしいと思っています。たとえば、安田尚憲と平沢大河で三遊間コンビを組ませるとか……。当然、チームの勝利は大前提ですが、育成という部分にも目を向けてほしいと思います。そこに関しては、井口(資仁)監督も十分に理解していると思います。まずはチームの土台を一からつくり上げてほしいですね。