2018.03.30

解説者7人のパ・リーグ予想。
1人だけソフトバンク3位予想の根拠は

  • 田口元義、スポルティーバ●文 text by Taguchi Genki、Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎齊藤明雄氏

1位:ソフトバンク
2位:西武
3位:オリックス
4位:楽天
5位:日本ハム
6位:ロッテ

 ぶっちぎりの優勝はないかもしれませんが、最後に勝つのは……やはりソフトバンクでしょうね。優勝候補の筆頭ということは選手たちもわかっていると思いますが、そこで守りに入らない強さがソフトバンクにはあります。チーム内の競争率が高く、選手が危機感を持ってプレーしていますよね。この牙城を崩すのは容易ではないでしょう。

 そのソフトバンクの対抗馬となるのは西武だと思います。最大の特長は攻撃力で、なかでも注目しているのが森友哉の起用法です。彼をキャッチャーとして使うことができたら、DHにメヒアか栗山巧のどちらかを入れることができる。そうなれば破壊力は格段と増します。投手陣も菊池雄星がいますし、投打のバランスという意味で西武を2位にしたいと思います。

 今シーズンのパ・リーグの台風の目となりそうなのが、オリックスです。投手陣は金子千尋を筆頭に実力者が揃い、打線も吉田正尚、ロメロをはじめ厚みがあり、4年目の宗佑磨が外野手にコンバートされオープン戦で結果を残した。身体能力の高い宗を1番で固定できれば、オリックスは相当面白いチームになりますよ。

 楽天も投手陣は充実していますが、打線の方は今年も外国人頼みになりそうです。とはいえ、オープン戦で首位打者を獲得した内田靖人がシーズンでも同じような活躍をしてくれると、一気に上位進出も考えられるでしょう。

 日本ハムは、投手陣が心配です。絶対的なエースがいない上に、守護神の増井浩俊まで抜けてしまった。1年間を戦うには、投手力が乏しい感じがします。

 最下位はロッテにしましたが、一番の理由は昨年のチームと顔ぶれが変わらないことです。藤岡裕大や菅野剛士といったルーキーがしっかりした成績を残せば状況は一変すると思いますが、今の戦力を見る限りはAクラスは厳しいような気がします。