2018.03.29

山﨑武司ほか「精鋭評論家」7人が
セ・リーグ予想。4強2弱は本当か

  • 田口元義、スポルティーバ●文 text by Taguchi Genki、Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

◎野村弘樹氏

1位:広島
2位:DeNA
3位:巨人
4位:阪神
5位:ヤクルト
6位:中日

 今年の広島はやや投手陣に不安はありますが、2年目の高橋昂也が急成長していますし、ジョンソンの調子もいい。そこまで急激に落ち込む不安はないと思います。なにより、広島は野手陣が充実しており、攻撃力は間違いなくリーグトップだと思います。鈴木誠也やエルドレッドといった長打力のあるバッターもいますが、私は広島の"走力"こそが最大の武器であり、これが他球団との差になっている気がします。

 2位から4位までは本当にわかりません(笑)。とりあえず投手力を考えて、この順位にしました。DeNAは昨年2ケタを挙げたウィーランド、今永昇太、濱口遥大の3人がケガにより開幕からいませんが、そこまで長期化しないだろうと聞きました。それに今季から井納翔一に7回を任せるなど、リリーフ強化に余念がない。しっかりとした勝ちパターンが完成すれば、優勝のチャンスもあります。

 巨人はマイコラスの抜けた穴が痛い。菅野智之、田口麗斗に続く3番手以降が不確定です。山口俊や野上亮磨など名前は挙がりますが、シーズンに入ってみないとわからない部分がある。そこに一抹の不安を感じます。

 阪神は4位にしましたが、藤浪晋太郎次第だと思っています。彼が1年間ローテーションを守って、2ケタ勝利を挙げることができれば、もっと上にいくと思います。年齢的にも藤浪がチームのエースになってもらわないと......。攻撃陣に関しては、若い力も出てきていますし、新外国人のロサリオも活躍しそうな雰囲気がプンプンします。得点力アップは見込めますし、何度も言いますが藤浪がすべてと言っても過言ではないと思います。

 ヤクルト、中日も投打がかみ合えば上位争いもできると思いますが、現状から判断すると選手層が薄いですよね。主力選手にケガ人が出ると、代わりの選手がいない。143試合を戦うとなると厳しいと言わざるをえません。