2018.03.17

チームワークを熱く語るバレンティン。
ヤクルト選手の様子が全然違う

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「あのスイングのときは、石井コーチから言われていることがフィットしたというか。僕はどうしても始動からフィニッシュまで全力で振っちゃうのですが、バットのヘッドをうまく使えたというんですかね。"ポン"という感じで、インパクトのあとに無駄な力なくスイングすることができました。今日は動画も撮ったので、明日やってみて、まだまだであれば開幕までに完成する気持ちで取り組めればいい。僕自身、開幕を楽しみにしています」

 坂口智隆は、青木宣親の加入で厚みを増した戦力を有効に使うためのオプションとして、ファーストの守備練習に取り組んでいた。

「試合やシート打撃で打球を捕りましたが、練習を始めてまだ数日というレベルですからね。勉強することはたくさんありますけど、まっさらな分だけ多く吸収できていると思います。それがチームにとってプラスとなり出場機会が増えるのなら、ポジションは関係ありません。この考えはプロに入ったときから変わらないし、真剣に向き合っています」

 畠山和洋は「僕にとって、このキャンプはいい転機になりました」と言った。3年前のリーグ優勝に大きく貢献した"4番打者"は、ここ2年間はケガで苦しんだ。

「成績も下降したとかではなく、まったく仕事ができませんでしたからね。キャンプに入る前からずっとマイナス思考だったのですが、青木さんと再会できたことでまた前向きになることができた。ケガや衰えを理由に、自分の感覚だけで『もう無理だ』と判断していたんですが、青木さんが『もう一回、しっかり鍛えればまだまだできるよ』と、客観的な評価をしてくれた。

 今は『やってやろう』という気持ちが強いですね。よかったときの成績にどのくらい戻れるのか。不安は少しずつ楽しみへと変わってきています。年齢的には後輩に何かを伝える立場なんですが、まずは野球選手として試合を楽しみたい。それが結果的にチームへの貢献になると思います」