2018.03.11

神奈川の「世代最強選手」が、
高卒プロ入り4年目でレギュラー奪取へ

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

「たとえばファームだったら、2年続けて立派な成績を残して、そこでようやく少しだけ信用する程度。それがプロってものです。ただ、宗の身体能力の高さは誰もが認めるところ。ポジションによっては、チャンスがあるかもしれません」

 その言葉通り、今春のキャンプ終盤に宗はショートから外野へのコンバートを打診された。これまで経験したことのない外野挑戦に戸惑いもあったが、「前向きにやるしかない」と決意。そして冒頭でも触れた通り、オープン戦で結果を残している。

 教え子のプロでの台頭に、水谷監督のトーンも上がる。

「宗は、横浜高校から日本ハムに入った高濱祐仁(ゆうと)、淺間大基と同期なんです。高校時代は技術もネームバリューも彼らの方が上だったかもしれませんが、身体能力は宗の方が間違いなく上でした。もしかしたら野球に対する感性だって負けていなかったかもしれない」

 そしてこんな話を聞かせてくれた。

「あとは努力次第です。プロは天才集団ですから、運と努力で差をつけるしかない。宗は今年4年目ですから、来年は大学に進んだ同期がプロに入ってくる。(ドラフトで)指名される選手よりももっと"上"になってないと、この4年間、宗は努力しなかったことになる。そういう内容のメールを......長い長いメールですよ。ちょっと前に、宗に送ったんですよ」

 その"力作"の返信は、いかにも宗らしかった。

「<は~い、がんばりま~す>って、これだけですよ。あれだけ時間をかけて、思いを込めて、長いメールを送って......それだけですから(笑)」

 恩師を呆れさせ、大笑いさせたが、今度はプレーで大喜びをさせる番だ。外野手コンバートというチャンスをものにして、不動のレギュラーとなれるのか。宗佑磨にとって本当の意味での"勝負の年"がいよいよ始まる。

◆山本昌はオリックスドラフト1位の田嶋大樹を「勝てる投手」と評価していた>>

◆オリックスOB、イチローがシアトルで残した名言集>>

関連記事