2018.03.07

今季のDeNA今永昇太は
「120球以内で完投」の準備ができている

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「落ち込んで、それを態度に表してもプラスになることはないと気づいたんです。そんな雰囲気を出してみても、誰かが同情してくれるわけでもない(苦笑)。そんなの、カッコ悪いじゃないですか。強がりでも、ウソでもいいから、無理にでも気丈に振る舞うことでチームがうまく回るなら、そんなにいいことはありませんからね」

 メカニックを理解した"今永昇太のフォーム"と、決め球に使える"パワーカーブ"。さらには"エース"と呼ばれるに相応しい結果と、チームのための"ポジティブ・シンキング"――プロ3年目の今永は新たな武器を携(たずさ)えて、進化を続けている。開幕のマウンドに立つことができれば、その経験値は、またこのピッチャーを次のステージへ押し上げてくれるに違いない。

(おわり)

◆今永昇太は「あの魔球」の投げ方について、石川柊太に教えを請うた>>

◆山本昌はDeNAドラフト1位・東克樹を「即戦力」と評価していた>>

関連記事