2018.02.27

巨人・大江竜聖はピンチで凄い球になる。
恩師も驚くマウンドでの生命力

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • photo by Sportiva

 この春のキャンプ、若手中心の紅白戦を市原監督はたまたまテレビで見たという。

「大江らしく投げていましたよ。緊張してどうこう……ってヤツじゃないですから。実力通りのピッチングをして、それで打たれたらまだ実力不足ってこと。今年のスタートとしては上出来だったと思います。

 プロでの成功を信じるとしたら、能力とか技術といった部分より、”生命力”とか”生き抜く力”っていうんですか、そこですね」

 実力や技術はあって当たり前。プロはそこが勝負ではないと、市原監督は期待をつなぐ。

「大江は投げるのが大好きで、『任せた!』って言える頼もしさがある。ブルペンよりもマウンドに上げてからのピッチャーですから。そこの勝負になったら……アイツは楽しみな存在だと思います」

 大江の3年先輩に田口麗斗(たぐち・かずと)という格好のお手本がチームにいるが、使える左腕は何人いてもいい。

 飛躍の2年目。大江にとっては、むしろ”勝負の2年目”なのかもしれない。

◆山本昌は巨人ドラフト1位・鍬原拓也の長所と短所をこう指摘した>>

◆ヤクルト小川監督が「村田修一の獲得を見送ったわけ」を論理的に語る>>

関連記事