2018.02.21

早くも4番・サード。安田尚憲の
「ミスターロッテ」への道がはじまる

  • 阿佐智●文・写真 text&photo by Asa Satoshi

 そして1点リードの7回、先頭打者として打席に立った安田が、低めのストレートを振り切ると、打球はライト前に転がっていった。

 2打数1安打、2四球と初めての対外試合で"満額回答"を出した安田は、この試合でハイライトともいえるバックスクリーン直撃弾を放った井上晴哉を差し置いて、1番手として試合後の囲み取材に登場した。

 凡退した最初の打席について「泳がないように気をつけていました。引きつけて打つことを心がけていたので、多少詰まってもいいという意識でした」と語った安田。外国のチーム相手で、データのない状態でどのように準備したのかという記者の問いには「これからしばらくは(日本のピッチャーであっても)すべての投手が初対戦になります。今日も前の打者から情報をいただき、ベンチから観察することで準備していました」。

大勢の記者を前にしても落ち着き払った様子で質問に答える姿は、高卒ルーキーとは思えない風格が漂っていた。

 ただ、バッティングでは上々のスタートを切ったとはいえ、まだまだ課題は多い。これから一軍に残ってポジションを奪取するには、特に守備力の向上は欠かせない。

 この日、サードを守った安田だが、大きな見せ場はなし。むしろ、その動きは見る者に不安を抱かせるものだった。

 たとえば、2回のラミゴの攻撃でボテボテの当たりがレフト前に転がっていったシーン。三塁側ファウルグラウンドにしつらえた撮影スペースから見ていたので断定はできないが、必死に食らいついていったショート藤岡裕大のグラブをかすめた軌道を考えると、サードの安田が早々とあきらめる打球ではなかっただろう。ほかにもバント処理など、まだまだ一軍のレベルに達していないプレーはいくつかあった。