2018.02.20

畠山は引退危機から救われた。
監督・コーチ・選手が語る「青木効果」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 実際、汗を流す畠山の表情は澄んでいて、声もよく出ている。

「それまではケガや衰えを理由に、自分の感覚だけで『もう無理だ』と判断していたのですが、青木さんが『もう1回、しっかり鍛えればまだまだできる』と言ってくれた。青木さんにトレーニング方法やバッティングを教えてくださいとお願いして。自分はそういうことにあまり興味を持たない人間だったのですが......そこからですね、充実した日々を過ごせるようになったのは。大げさかもしれないですけど、青木さんと再び会って、話をしてもらえたことで『まだ頑張れる』という気になれたし、それがなければ僕は終わっていたと思います」

 グラウンドだけでなく、それ以外の部分でも確実に"青木効果"はチームに影響を与えている。ヤクルトの活気に満ちたキャンプを見ていると、最下位脱出はもちろん、3年ぶりAクラスもしっかり視界に入っている。

◆焼き肉は1回10万円以上。川崎憲次郎が明かす「プロ野球とお金」の話>>

◆ヤクルトドラフト6位・宮本丈は「異様に低い構え」で注目されていた>>

関連記事