2018.02.19

コサリオと呼ばれた糸原健斗。
「死ぬつもりで打席に…」と猛アピール

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 おそらく、その悲壮な覚悟はプロに入った今でも変わることはないのだろう。

 とはいえ、プロ野球選手である以上、プレーに技術という裏付けがなければならない。そして今春の阪神・宜野座キャンプでフリー打撃を見ていると、糸原の打撃に変化が見えた。

 上半身はほどよく脱力した状態で構え、右足でリズミカルにステップを踏みながらボールを迎える。そして、フルパワーの力感を込めなくても、ボールに強くコンタクトできるようになっていたように見えた。

 糸原にその感覚を聞くと、こんな答えが返ってきた。

「インパクトのときに強く振ろうということを心がけています。自分の打撃の中で『強いスイングをする』ということを大事にしているので、構えとか過程よりもインパクトでいかに強く振れるかですね」

 下半身の使い方については「監督からいつも言われている」という。昨年の秋季キャンプから、このような技術を体にしみ込ませてきたことで「今まで以上に打球が伸びる感覚がある」という。

「去年よりいいかなと思います。練習では強い打球が打てているので、試合でも打てたことは自信になりました。これから試合でピッチャーと対戦するなかで崩されることもあると思うので、そのあたりを修正しながらやっていきたいと思っています」

 金本監督は糸原について「あとは調子のいい時期を維持できるか」と課題を口にしている。それは昨季開幕からチャンスを与えられながら、不振で結果を残せなかった北條の例が頭にあったからだろう。

 その北條もまた、攻守に技術を高めてきており、レギュラー奪取を虎視眈々と狙っている。糸原はそのような厳しい競争を戦っている最中であっても、淡々と落ち着いた口調でこう語った。

「争いは激しいですけど、自分の持ち味を出して、アピールをするだけです」

 プロ野球選手の平均身長は180センチ強と言われる。そんな屈強な大男を向こうに回して、反骨の「コサリオ」が阪神のショートを守ることになるのか。開幕まで、とても目が離せそうにない。

◆山本昌は阪神ドラフト1位の馬場皐輔をこう評価していた>>

◆片岡篤史・新ヘッドコーチに聞く、タイガース「金本改革」の進捗状況>>

関連記事