2018.02.03

「プロ野球の三軍とは何なのか?」
球界で一番詳しい大道コーチに聞く

  • 寺崎江月/文・写真 撮影協力/おかず家 由ん(福岡)


──巨人とソフトバンクで、球団としての三軍組織の位置づけに違いはありますか。

大道 巨人は常に勝ちにこだわっていました。アマチュア相手にプロが負けることは許されないという方針で戦っていました。ですから、大卒や独立リーグからの入団選手が多いのです。反対にソフトバンクは、個人のレベルアップに比重を置いています。たとえ試合に負けても、3安打した選手が評価されたりしますね。どちらが正しいかは判断が難しいですが、勝利至上主義だと昇格した際に個性が消えてしまう可能性はあると思います。

 あと大きく違うのが、ホークスの一軍選手はケガで離脱すると三軍に落とすことです。多くの球団は二軍でリハビリしますが、うちは、支配下選手がいない中で焦ることなく、しっかり治療に専念させます。昨年は内川聖一やギータが来ました。

 実はこれ、三軍選手たちにとっては、一流選手の練習を間近に見られるチャンスなんです。いくら僕らが口で言うよりも、リハビリ中とはいえ彼らの練習を見た方が断然効果的です。100の言葉より1本のスイング、動く教科書的な役割をしてくれるわけですから。

選手の指導に情熱を注ぐ大道典良コーチ──ホークス三軍の注目選手を、こっそり教えてください。

大道 長谷川宙輝(ひろき)という投手がいるんですけど、この子は間違いなくきますよ。昨年、彼を初めて見た時に、みんなビックリしたんです。「なんじゃコイツは!」みたいな雰囲気でした。投手コーチも最初は「大したことないよ」とか言っていながら、バッティング投手をやっているのを見て「よくこんなのがいたな」と改めて驚いていました。

 左で150キロ投げます。しっかり練習しますし、間違いなく近いうちに支配下になりますね。数年したら一軍のローテに入っているかもしれません。”千賀2世”になる可能性も秘めています。タイプはまさに剛腕投手で、西武の菊池雄星みたいな感じですよ。