2018.01.25

【イップスの深層】中根仁が証言
「木塚はイップスを認めずに克服した」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 なんでもかんでも「イップス」と呼ぶことには違和感がある。だが、プロに進んだ選手としてはありえない、「イップス」という言葉でないと収まりがつかないような事例があるのだ。

 中根は打撃コーチ時代、こんな打者に頭を抱えたことがあったという。

「打ちにいく瞬間、軸足のヒザが変なふうに動くんです。しかも、動き方が一定じゃない。外側に動くこともあれば、違う動きをすることもあるし......。日によってクセが出る日と出ない日もあるし、本人も自覚がないようなんです」

 ある日のバッティング練習中でのこと。その打者が低めのボールをスイングしようとした際、例のヒザが動くクセが出た。するとスイングは波打ち、バットでホームベースを叩いてしまった。プロ野球選手とは思えない現象に、選手の顔はみるみる紅潮する。ケージの後ろにいた中根は、そっと後ろを向いて見て見ぬふりをした。

「かわいそうで見ていられませんでした。でも、違う日の夜間練習を見ていると、普通にガンガン打っているわけですよ。これは何なのだろう? 脳に何かアクシデントでもあったのだろうかと。そうじゃない限り説明がつかないようなことだったんです」

 選手、スカウト、コーチ、そして現在は野球解説者とさまざまな視点から野球を見てきた中根だが、イップスの正体はいまだ見えないままだという。

「もしイップスを治せる人間がいるなら、プロ球団はその人に1億でも2億でも払って契約しないといけないでしょうね」

 いま現在、イップスに苦しむ選手にエールを送るとしたら、どんな言葉を掛けますか? そう問うと、中根は爽やかな笑みをたたえて、こう答えた。

「僕自身、『引退までこれと付き合うんだろうな......』と思うと嫌でしたけど、一番ダメなのはエラーになること。『ようはアウトにすればいいんだろう』とごまかしながら付き合ってきました。プロでもこれだけ(イップスを)持っている選手がいるのですから、当たり前のこと。大したことじゃないと思ってほしいですね。せっかく楽しい野球がつまらなくなりますから」

(つづく)

※「イップス」とは
野球における「イップス」とは、主に投げる動作について使われる言葉。症状は個人差があるが、もともとボールをコントロールできていたプレーヤーが、自分の思うように投げられなくなってしまうことを指す。症状が悪化すると、投球動作そのものが変質してしまうケースもある。もともとはゴルフ競技で使われていた言葉だったが、今やイップスの存在は野球や他スポーツでも市民権を得た感がある。

◆山本昌はDeNAドラフト1位・東克樹を「プロで勝てる」と評価していた>>

◆【イップスの深層】先輩の舌打ちから始まった、ガンちゃんの制御不能

プロ野球記事一覧>>

関連記事