2018.01.02

ロッテ井口新監督が高らかに宣言!
「常に優勝できるチームをつくる」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 そんな井口野球が描く理想に向けて、さっそく頭角を現したのは、期待の若手、平沢大河である。

「台湾でやった強化試合で、(平沢)大河が、三塁を狙った。アウトにはなったけど、積極的な走塁だった」

 1本のヒットで一塁から三塁までいくというひとつのプレーに目を光らせる新指揮官の期待に応えた。

「オープン戦までは自分でどこまでいけるか、試してほしい」

 春のキャンプからはルーキーたちも加入してくる。ドラフト1位で入団した安田尚憲(やすだ・ひさのり)選手の印象を聞くと、「僕の中では、松井秀喜とダブるんです」と絶賛した。選手本人にとっては飛び上がるほど嬉しい言葉だろう。

「彼は適応力があるので、どこまでの選手になるのか、キャンプでどこまでプロのレベルについてこれるのか、非常に楽しみです」

 井口があくまで「実」にこだわる理由がここにある。

「安田はオープン戦の最後まで、一軍に帯同させて、しっかりと競争させます。(鈴木)大地とサードでポジションがかぶるんですけど、良ければ、他のポジションでの起用も考えることができる。そのためにも、とにかく実経験を積ませたいんです」

 秋季キャンプでは異例の紅白戦を行なったのも記憶に新しいだろう。

「例年のキャンプ以上に紅白戦や練習試合を積み重ねることで、いろんな選手が出場できますよね。これが競争の場です。(平沢)大河も含めて、安田くんは、これからを背負って立つ選手だと思うので、鳥越(祐介)ヘッド(一軍ヘッド兼内野守備走塁コーチ)に『彼らをお願いします』と言ってあります」