2018.01.01

ロッテ新監督・井口資仁、新春に誓う
「チーム立て直しは今しかない」

  • 田中将介●文 text by Tanaka Masayuki
  • 佐野美樹●写真 photo by Sano Miki

 井口には監督として渇望していることがある。

「やっぱり選手には、満員の球場の中でプレーをしてもらいたい。注目されることで、いいプレーにつながりますから」

 現役時代から井口はファンの期待に応えてきた。サインや握手はもちろんだが、ヒットを1本でも多く打つことこそファンサービスだと考えているのだ。

「オールスターのファン投票もソフトバンクの選手が独占している。うちの選手がもっと選ばれるように球団と仕掛けていきたい」

 今では多くの選手がTwitterFacebookなどのSNSで自ら情報を発信している。井口自身もコミュニケーションのひとつとして利用していた。

「タイミングを見ながらうまく使っていきたいと思います。選手とつながっているので、どこで遊んでいるとか、何を食べているとかが全部わかりますけど(笑)」

 露出や発信によって、選手のファンサービスも増える。ひいては選手自身のプレーが向上し、勝ちへとつながる。やはりファンにとって最高のプレゼントは「1勝」であり、積み重なった先にある「優勝」ではないか。

 常勝軍団を目標に掲げた井口新監督が、ロッテを変革するための挑戦はまだまだ始まったばかりだ。

後編につづく

◆山﨑武司はロッテドラフト1位・安田尚憲をどのように評価していたか?>>

◆ロッテドラフト2位の藤岡裕大は「西武・源田に続く即戦力野手」との評判>>