2017.12.11

契約金2千万円が実は300万円。
GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

──プロ野球選手にはグッズ収入という副収入がありますが、どういう仕組みなんですか?

佐藤 プロ野球選手は、肖像権に関する契約を球団と結んでいます。Tシャツ1枚当たり何パーセントという具合に決まっていて、年俸の3分の1くらいの金額が入ってきます。『パワプロ』みたいなゲームの収入もあります。こういう副収入は人気の選手になればなるほどたくさん儲かりますね。

(後編につづく)

■G.G.佐藤

1978年、千葉県生まれ。本名・佐藤隆彦。桐蔭学園、法政大学を経て、アメリカ・マイナーリーグのフィラデルフィア・フィリーズの1Aでプレー。2003年ドラフト7巡目で西武ライオンズから指名を受けた。2007年からレギュラーになり、3年連続で20ホームラン以上を記録。2008年には日本代表として北京オリンピックに出場した。2011年限りでライオンズを退団。2013年、2014年は千葉ロッテマリーンズでプレーした。通算成績は、587試合に出場して打率2割7分6厘、88本塁打、270打点。現在は、株式会社トラバース千葉営業所所長を務めている。

トークイベント「プロ野球で1億円稼いだ男のお金の話」

第2弾(12月13日)のゲストは川崎憲次郎氏。詳しくはこちら>>

◆山本昌は西武ドラフト1位・齊藤大将をどう評価していたか?

◆ドラフト1位から数年で戦力外に。彼らはプロで何が足りなかったか>>

関連記事