2017.11.27

打って、走って、送って、守れる男。
今宮健太は「野球小僧」に生まれた

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 1点を追う7回、二死満塁で中村晃がライト前に弾き返したが、会心のライナー性の打球にライトは強肩の梶谷隆幸。さすがにタイミング的には厳しいように思えたが、頭から滑り込んだ今宮の左手がタッチよりも一瞬先にベースに触れ、間一髪の攻防を"神の手"で制した。

 試合後、着替えを終えた今宮に「スタート、コーナーリング、スライディング。究極の走塁だったのでは?」と聞くと、「そんなことないです。当たり前のことをやっただけです」という答えが返ってきた。だがそのあと、「(ホームへの)ヘッドスライディングは初めです」と言った。

「足からいくと(相手捕手が)タッチしやすいかなと......手からいく方がセーフになる確率があるかなと思ってやりました」

 これまでも間一髪のプレーは幾度となくあっただろうが、それまで一度もやってこなかったヘッドスライディングをこの大一番で選択した技術と度胸に、あらためて今宮の野球センスを感じずにはいられなかった。

 またこの試合では、ロペスの打った三遊間の完全なヒット性の打球を最深部で捕り、ノーステップスローでアウトにしてみせた。本人もベストナインの授賞式で「これまでで一番のプレー」と挙げたようだが、これまで数え切れないほどの試合を観戦してきたが、あの打球をあの位置で捕球してアウトにしたのを見たことはなかった。

 さらに、第4戦では観客席に飛び込みながらもファウルフライを捕球。第5戦でも二遊間のゴロを、精一杯手を伸ばして捕球し、体を回転させながら送球して楽々アウトにしてみせた場面もあった。