2017.11.07

【イップスの深層】強肩外野手・中根仁が
「カットマンに返球できない」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 きっかけはプロ1年目のキャンプでのことだった。当時の近鉄は「猛牛軍団」「いてまえ打線」と称されるように、豪快なチームカラーで知られていた。だが、こと守備に関しては繊細な一面もあり、仰木彬監督の方針で「外野手はカットマンに返球する」という約束事があった。

 その背景には、当時ベテランや守備の苦手な選手が外野陣に多かったという要因があるだろう。だが、アマチュア時代に強肩外野手として名を馳せた中根には、この方針が肌に合わなかった。

「今まで『カットに返す』ということをやってこなかったので、感覚が違うんですよ。中継に入るカットマンがすごく近くに感じて、『こんなに近いの?』と。カットマンへの返球がちょっと上にいっても怒られる。『なんで俺、低く放られへんの?』と思っていましたからね(笑)」

 そしてオープン戦で決定的な出来事があった。中根の記憶では「2対0か3対0で勝っている、藤井寺球場での試合」。9回表、ランナーを二塁に置いて、中根が守るセンター前に3本連続でヒットが飛んできた。

 1本目は打球を捕ると思い切り腕を振り、カットマンのやや上を抜ける送球になった。本塁はクロスプレーになったがセーフ。その間、打者走者の二塁進塁を許してしまう。2本目も同様に送球がカットマンの上を越えて本塁セーフ、そして打者走者は二塁進塁。3本目に至っては抑え気味に送球したもののカットマンがカットせず、みたび本塁セーフとなり、やはり打者走者には二塁まで進まれた。

(やべぇぞ......。これは絶対に怒られるな......)