2017.11.05

内川とサファテの気迫。「巨大戦力が
心をひとつ」にしたら、もはや最強

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 8回にDeNAの守りのミスで1点差迫ると9回表にはデニス・サファテを投入。絶対的守護神がいつも通りの投球を見せ3人で打ち取ると、その裏、チームの思いを受けたキャプテン・内川聖一が見せた。山﨑康晃のツーシームを叩くと、打球はレフトフェンスを越えた。

「絶対打ってくれると、確信めいたものが、正直ありました。よくわからないですけど打ってくれる、やってくれるというのがありました」

 工藤監督が熱く力を込めた起死回生の一発で同点。クライマックスシリーズからそのバットでチームを救い続けてきた内川は「1点負けている状況でデニスが投げて、今日の試合は勝ちにつなげないといけないと思っていた」と言った後、こうも続けた。

「(山崎とは)初めての対戦ではなかったのでなんとなくイメージはできていました。ちょっと気持ち的に余裕を持って入れたのは正直ありました」

 あとのないこの場面で、言葉のニュアンスはあるにせよ「正直、余裕があった」と振り返ることのできる技術とメンタル。さすがである。

 同点後は、サファテがさらに2イニングを投げるというサプライズ起用。会見ではまず「アイムタイアード」。続けて「(3イニングは)これっきりにしてほしい」とニヤリと口にして場内を笑わせたが、来日7年目で初となる3イニング救援がナインの心に響かないはずがなかった。

 そして投手陣も加わった円陣の中央で内川キャプテンが檄を飛ばした11回裏。二死一、二塁から川島慶三がライト前に弾き返し、二塁走者の中村晃が生還。劇的な幕切れで2017年のチャンピオンが決まった。