2017.10.31

先制なら勝率ほぼ9割で、
1番・柳田悠岐が与える恐怖のプレッシャー

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 短期決戦において、中軸打者への攻めはシーズン以上に厳しくなる。これまでイチロー、松中信彦、松井秀喜、中村紀洋、金本知憲など、シーズンで大活躍しながら日本シリーズで沈黙した選手は少なくない。プレッシャーがかかるクリーンアップよりも、気楽に打席に立てる1番の方が柳田らしさを発揮できるのではないか。

 本人は、1番を任されることについて、日本シリーズ第1戦の後、こう語った。

「(打順は)何番でも一緒。打席が多く回ってくるので大変なんですけど、それ以外は変わらないです。まあ、(二軍施設のある)筑後でリハビリをしているより楽しいです」

 続く第2戦。柳田の状態はさらに上がっているように見えた。DeNAのラミレス監督が三塁側ベンチで試合前の囲み取材を行なっていたときだ。グラウンドから「ガッシャーン」「ゴツッ」という衝撃音が聞こえてくる。振り向くと柳田がフリーバッティング中で、打球が何度もフェンスオーバーし、その際、イスや通路に当たる音がしていたのだ。そのド迫力のスイングは、明らかにケガをする前の状態に戻ったといってもいい。

 その第1打席で先発の今永昇太の初球を叩き、一二塁間を抜ける安打で出塁。この日も一振りで球場の空気をつくり上げた。その後は前夜のVTRを見ているみたいに、今宮が送り、デスパイネがタイムリー。わずか5球で先制点を奪ってみせた。

 試合後、柳田は初回の安打について「ギャン詰まりです」と振り返ったが、芯を外しても打球は野手の間を抜け、落ちるのが"柳田スタイル"。これもフルスイングの賜物(たまもの)である。