2017.10.02

真中監督が思いを激白「小川泰弘の抑え。
あれが最後の勝負手だった」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 甲斐啓二郎●写真 photo by Kai Keijiro

―― 今シーズンのスローガンは”目を覚ませ”。神宮球場ではイニング交代のたびにこのフレーズが流れてきました。

「そうですね(苦笑)。ケガ人が戻り、若い選手たちは昨年いい経験を積んだ。フロントも破格のお金を用意して外国人選手を補強してくれた。開幕前は『よし、今年は盛り返すぞ。優勝するぞ!』とスタートできました。監督として3年契約の最後の1年でしたので、集大成というか、結果によっては責任をとるつもりで挑みました」

―― 今年も故障者に泣かされました。チームとしても対策は立てていたと思います。

「僕は『トレーナーに問題があるから』とか『練習量が少ないから』とか、そういうのはいっさい感じていません。ほかの球団と比べても、やっていることに大きな違いはありません。選手個人の問題だと思います。プロとして、『1年間試合に出て当然』という意識と責任感。もちろん、プレー中のケガなど避けられないケースもあります。責任感があればケガをしないとも言い切れません。でも、本当に高い給料をもらっているし、プロですからね。オフシーズンを含め、自分でもしっかりケアしていかないと。これが僕の見解です。いくらトレーナーが指導し、治療しても意味がない」

―― 期待していた若手が、主力の穴を埋められなかったのも痛かったです。

「これは現場の僕の責任です。シーズン中に故障者が出るのは当たり前のことですし、そこをカバーできる戦力を整えられなかった」