2017.09.17

斉藤和巳が断言。「ソフトバンク優勝の
立役者は唯一無二のサファテだ」

  • 高橋博之●文 text by Takahashi Hiroyuki
  • photo by Kyodo News

「なかったですね(笑)。その頃は自分のことで精一杯で、ほかの選手とじっくり話す機会も作れていませんでした。むしろ引退してからのほうが話す時間は長いかな。グラウンドであったり、食事に連れて行ったりして。ひとつ言えることは、今の彼らはもう僕の現役時代とは違う環境のなかで野球をやっているということ。だから『自分たちがホークスのカラーを作るんだ』という気概を持ってやってほしいですね」

 リーグ制覇の次はクライマックス・シリーズ(CS)だ。ここから日本シリーズまでは短期決戦が続く。そうなるとデニス・サファテを中心とした盤石なリリーフ陣が控えるだけに、ソフトバンクの勝敗は先発の出来がカギを握ることになる。斉藤氏に今の先発陣でどう戦うのか、予想してもらった。

「状態はもちろん経験も含めて、和田を初戦に先発させたいですね。当然、1年間軸として頑張った東浜を評価して、彼を初戦に起用する考えもあるでしょう。ただ、短期決戦で怖いのは連敗すること。そう考えると、2戦目に一番いい状態の投手を持ってくる場合もあります。相手チームと相性もありますし、総合的に見て最終的な決断が下されるのでしょうが、私は状態のいい投手から起用するのがいいと思います。いずれにしても、これからの短期決戦では投手力がものをいいます。ふたり以外にもバンデンハーク、千賀と2ケタ勝利を記録している先発がいることは心強い」

 短期決戦では先発の駒を減らすことができる分、リリーフに人をまわすことができる。