2017.07.11

【イップスの深層】経験者・岩本勉が説く
「イップス克服のヒント」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 そして、実際にイップスに苦しんでいる選手に対して、岩本はこう言うという。

「イップスは克服できる。だって、俺が克服できたんやから!」

 そして、オチをつけるようにこう続けるという。「まあ、いまだに(イップスが)来るけどな」と。

 具体的なアドバイスを求められた際に伝えることは2つある。1つ目は「考えるな」ということ。とくに野手ならば、目の前に来たボールに対して瞬時に対応することで、「思考」が入り込む時間をなくすということだ。

 そしてもうひとつは、「ボールの重さを感じる」ことだという。

「小学生にも必ず言うんですけど、『ボールの重さを感じたら、そのまますぐに投げろ』と。イップスのときって、指先の感覚がなくて、ボールの重さを感じられないんです。『ボールって、これくらいの重さなのか~』と思いながらピュッと投げたら、ボールはいきますよ。ゴルフもそうですよね。(ゴルフクラブの)ヘッドの重さを感じながらピュッととらえるのがいいとよく言いますから」

 最後に、「イップス」という言葉自体の功罪についても考えてみたい。もちろん本稿も含めてだが、「イップス」という言葉がスポーツ界で広く伝えられたことで、多少の制球難、送球難でも「イップス」と決めつけられてしまうケースがあるのではないか。また、本人も「イップスかもしれない」と疑心暗鬼になり、ますます泥濘(でいねい)へと足を踏み入れてしまうこともあるだろう。