2017.07.11

【イップスの深層】経験者・岩本勉が説く
「イップス克服のヒント」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kyodo News

 そして、球界内ではこんな「都市伝説」がまことしやかに流布されているという。

「よく言われたのが、『考えないB型(血液型)はイップスになりにくいんだよ』ということ。でも、そんなの人間4種類に分けられてしまいますから、一概に言えるわけがないですよね(笑)」

 実際には血液型がB型でもイップスの選手は多数存在するだろう。根拠に乏しいとはいえ、球界でそのような説が広まっているところにも、イップスの異様性が浮き彫りになってくる。

 また、岩本によると技術的に「イップスになりやすいタイプ」も存在するという。

「テイクバックで両ヒジを上げるタイプのピッチャーは、加減したストライクをほとんど投げられないんですよ。このタイプはイップスになりやすい傾向がある。腕だけじゃなくて、足をバーンと高く上げたりするもの、フォームが常に可動域の突き当たりで動くので、ゆとりがない。そういうピッチャーに『突き当たりにいくまでに投げろ』と言っても、その感覚がわからないんですよ」

 岩本が「プロでクビになる選手の8割はイップス」と明かすように、プロという最高峰の舞台でもイップスに苦しむ選手は多い。生きるか死ぬかという弱肉強食の世界では、致命的な弱みのように思える。それでも......、岩本は「あえてイップスであることを公言したほうがいい」と語る。

「相手に悟られるということは綻(ほころ)びですから、つけ込まれるんです。相手ベンチからの『お前ストライク入るの?』という一言が、大きな刃物に思えてくる。でも、僕はイップスの選手に言ったことがあります。『お前、公言したほうがラクやねんで。一回の恥は一生の得や』と。普通は周囲がイップスの選手に気を遣って何も言わないんやけど、本人が周りから気を遣われていることがわかると、余計に萎縮するものなんです。大半の経験者は言いますよ。『みんなに知ってもらったほうがラクだ』って」