2017.06.27

DeNA宮﨑敏郎が自ら語る、
熱い野球愛と「言葉にできない打撃術」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kyodo News

 宮﨑は1年生の秋からサードのレギュラーとして活躍し、九州大学リーグでは首位打者やMVP、ベストナインを獲得。4年生のときには主将も務めた。だが大学卒業時にドラフトで声はかからず、社会人野球のセガサミーへ入社する。

 当時のプロ野球に対する思いは、夢のまた夢だったという。

「果てしなく遠かったですね。この時期のモチベーションは、とにかくできるところまで好きな野球を続けること。そして運よくプロに行ければいいなって」

 すでにプロの世界ではハンカチ世代の選手たちが活躍していたが、宮﨑は「単純にすごいな」としか思えなかったという。

「『よし、オレも!』って気にはなれませんでしたね。現実感がないというか、もっと上の世界だと思っていたので......」

 その語り口調に欲や野心は感じられない。ただ単純に野球が好きでたまらないという柔和な雰囲気が宮﨑を包み込んでいる。

 その後、都市対抗野球大会で逆転満塁ホームランを放つなどプロ野球のスカウトの目にとまり、宮﨑は2012年のドラフト6巡目で指名されDeNAへ入団する。ちなみに当時の担当スカウトは現在内野守備走塁コーチの万永貴司だった。

「嬉しかったのですが、まさか声がかかるとは思ってなかったので不思議な感じでしたね。不安ですか? まったくなかったですね。純粋に野球を続けられる喜びが大きかったし、プロという舞台で自分の力がどこまで通用するか楽しみでした。とにかく後悔だけはしたくなかったので、一日一日を全力でやる。100%のプレーをすることを心掛けました」

 自他ともに認める"練習の虫"である宮﨑は日々の努力により、緩やかではあるが徐々に頭角を現していった。