2017.06.25

桑原、糸原ほか、金本タイガースを支える
「想定外」のプレーヤーたち

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

──課題を挙げるとすれば何でしょうか。

 打たれたときにどうリカバーするか、そこが心配ですね。失敗したあとでも、いいときと同じように投げることができるかどうか。まだシーズンは半分程度しか終わっていません。そこを注目して見ていきます。

 今シーズンのタイガースは、先発投手とセットアッパーの組み合わせがうまくいっています。適材適所の起用によって、選手が力を発揮することができています。実績のある藤川球児でさえ、なかなか出番がないくらい。終盤にはマテオとドリスがいるので、安心して見ていることができますね。

──昨年、不調だった鳥谷敬が三塁手として完全復活しました。糸井の加入によって、打線に厚みも増しています。そのなかで、上本博紀が1番、2番打者として難しい役割を果たしていますね。

 彼にはどうしてもケガがつきまとってきました。それさえなければ、レギュラーとして十分な実力を備えています。

──その上本が欠場したときに二塁を守り、打撃不調の北條史也に代わってショートで先発出場することも多いのが糸原健斗です。

 期待された北條がなかなか打てずに苦しんでいますが、糸原はそこをカバーしています。糸原のいいところは真っ直ぐに強いところ。ランナーが一塁や二塁にいる場面でライト方向に引っ張ることができるし、カウントによってはレフトに流すバッティングもします。試合状況に応じたバッティングが彼の持ち味。凡打でもランナーを進めることができるので、2割前半という打率以上に重宝されています。サードもショートもセカンドも守れるから、首脳陣からすれば、使い勝手がいい。