2017.05.30

岡田、藪、桧山のOB3氏が語る
「金本・阪神」の強さはホンモノか?

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 金本(知憲)監督は今年で2年目を迎えました。昨年と比べて、変わったと感じるところはありますか。

岡田氏 とにかく、昨年は選手を使いすぎた。もちろん、金本が自分の目で確かめたいと思ってそうしたんやろうけど、まったくメンバーが固定できなかったからなぁ。それが今年はある程度、固定できるようになったことで、腰を据えて戦えるようになった。使う選手が決まれば、あとは育てていくだけやからね。少々のミスでも目をつぶれるようになってきた。昨年に関しては、そこまでチームができていなかった。

藪氏 継投の部分で、今年はスムーズにいっている印象があります。特に、桑原(謙太朗)や岩崎(優)の起用がうまくはまっていますよね。彼ら自身、自分の役割を理解していますし、その期待にしっかり応えている。おそらく、自分の出るタイミングが読めるようになった。昨年は、交代のタイミングがワンテンポ遅いなと思ったことが何度かありましたが、今年はそれがない。意思の疎通ができている証拠ですね。

桧山氏 昨年は試しながら選手を起用している部分があったのですが、今年に関しては「このメンバーで戦う」という、金本監督の意志が伝わってきます。選手自身も、監督の野球を理解してきたと思いますし、作戦面や継投に関しても迷いがなくなってきたのかなと思いますね。それに今年の阪神でいえば、メッセンジャーと福留の"エースと4番"を確立できたことが大きいですね。チームの土台ができれば、少々のことでは崩れないですから。金本体制2年目になって、監督自身も選手も、ようやく落ち着いて野球ができるようになったんじゃないでしょうか。