2017.05.15

大谷翔平の背中を追って…
花巻東の同級生が歩む
独立リーグのイバラ道

  • 阿佐智●文・写真 text&photo by Asa Satoshi

 相談に行った高校時代の監督の言葉も、高橋の背中を押した。

「社会人野球もいいけど、本当にプロ野球を目指すなら、独立リーグでプレーして、1、2年で(プロに)行ってみろ。お前なら行ける」

 地元が東北ということもあり、福島ホープスに特別合格というかたちで入団を果たした。しかし、高橋は今、BCリーグのレベルの高さに戸惑いを感じている。特に、第一線は退いたものの、いまだ選手兼任監督として現役を続けている元メジャーリーガーの岩村明憲のバッティングには舌を巻く。

「やっぱり飛距離がすごいですね。それに、自分といちばん違うのは打ち損じがないということです。打てるボールは必ず打ちますから」

 そこが自分に最も不足している部分であり、逆に言えば、そこを克服できればプロへの道も開けてくると、高橋自身、自覚している。

「(岩村)監督もすごいんですけど、決して手の届かない存在ではないと思います。打撃指導もしていただいているのですが、監督のいい部分を取り入れて、とにかく正確さを身につけたい。(BCリーグの)ほかの選手と比べても、飛距離は負けていないと思いますし、そこを生かしていきたいです。監督からは『三振してもいいから思い切って振れ』って言われています」

 たしかに、大砲タイプの選手が確実性を重視するあまり、バッティングが小さくなってしまうと、角を矯(た)めて牛を殺すことになりかねない。とはいえ、バットに当たらないことには、肝心の飛距離を生かすことはできない。