2017.05.12

安定安心の頼れる男・DeNA
砂田毅樹を支える「ラミレス監督の言葉」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 回またぎもあれば、ワンポイントでの起用もあり、安定した砂田の存在感は日を追うごとに大きくなっている。

 中継ぎをやるにあたり、ブルペンを任されている木塚敦志ピッチングコーチからは「常に野球を、試合展開を読めるようにしておけ」とアドバイスを受けた。投球の感覚が空けばシャドーを積極的にやり、今年からは遠投も取り入れた。

「先発とは異なるトレーニング方法もあるので、コーチやほかの中継ぎの選手たちにいろいろと聞いて、自分に合った練習をしています。そういう意味ではピッチャーとしてあらゆる面で成長してきている」

 そんな砂田の力投をハートの面で支えているのが、指揮官であるラミレス監督の存在だ。

「昨年の奄美の秋季キャンプでは『左の中継ぎであれば、君はトップを取れる実力があるから頑張ってほしい』と言われましたし、今年はオープン戦で結果を出せていなかったのですが、開幕の前日練習で監督から『これまでの結果は気にしていない。君が公式戦になったらやってくれるのはわかっている』と声をかけてくれたのが自信になっています。だからこそ思いっきり自分の投球ができている」

 ここで失礼ながら愚問をひとつ。先発に対する思いはどうなのだろうか。未練はないのか?

「あきらめたわけではありませんが、今は先発としての実力はまだないんだと認識しています。ただ、中継ぎで結果が出ているし、チームの力になれていると実感しているので、今は任されたところで頑張りたい。とにかく結果を出すこと。一生懸命やっていく過程で、たとえば先発陣が崩れてしまって『ピッチャーがいないから砂田行け』と言われれば、しっかりとその準備をするだけです。とにかく先発、中継ぎを気にすることなく、任されたところで結果を出す。僕としてはホント、一軍で投げられるだけでありがたいことなんですから」