2017.05.09

もうガムは嚙まない。DeNA梶谷隆幸が
自身を語るロングインタビュー

  • 村瀬秀信●取材・文 text by Murase Hidenobu
  • 小池義弘●撮影 photo by Koike Yoshihiro

 そんな梶谷が、今季の目標に25本40盗塁という数字を掲げた。トリプルスリーを期待され、30本塁打や60盗塁を目標に掲げていたこれまでの年とは明らかに違う。キャリアハイに少し上乗せした現実的な数字は、ポテンシャルを思えば少し寂しくもある一方、今年に懸ける強い思いを伺わせる。

「期待をしてもらえることは本当にありがたいです。だけど僕自身はそんな選手じゃないと思っています。去年はケガから始まって、5月に戻ってきてから、いろんな方に梶谷がチームの雰囲気を変えてくれたと言ってもらいましたが、僕としては不調が長引いて......かなり苦しい時間でしたし、逆にラミレス監督の配慮で助けられたと感謝しています。一番悪かった交流戦の頃、僕の打率は2割を切っていて、『このままだったらファームに落ちることもあるな......』とテンションが落ちたまま野球をやっていました。

 そんな時に9番を打たせてもらったんですけど、ラミレス監督から『状態が悪いのはわかっている。ただ、カジは外さない。今は悪くとも試合に出続けていれば、終わった頃には絶対にいい成績が残っているから心配するな』という声をかけてもらい、気持ち的にすごく楽になりました。そういう気遣いが本当にありがたかったし、絶対に応えなきゃいけない。トリプルスリーっていうのは、いつかやりたいって思いはありますけど、現実的には夢の夢ですよ。自分の可能性を諦めたというわけじゃない。まずは、これまでの自分を超えることを目指して、"ありえる高い数字"を目標にした感じです」