2017.04.30

貪欲になったカープ九里亜蓮は、
野村祐輔にアドバイスを求めて急成長

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke


 九里を入団時から見ているからこそ、いろんな変化に気づくことも多い。

「しっかりとしたフォーシームを投げられてこその変化球ですからね。フォーシームがいいからこそ、シュートなり、スライダーやカットボールなりが生きてくる。それに九里はチェンジアップ系の抜き球を操るのがうまいので奥行きも出ます」

── 今シーズンはインサイドへの投球が印象的です。

「九里の投球スタイルとインサイドが合致しているというより、打者を抑える手段としてのことだと思います。昨年、(野村)祐輔や黒田(博樹)のピッチングを目の当たりにして、インサイドが必要だと意識したんじゃないでしょうか。なにより、貪欲さが出てきました。去年の黒田の投球データを取ったり、今年はほかの選手にもいろいろと話を聞いたりしているようだし……。それが大きいと思いますね」

 まだシーズンは始まったばかりだが、このまま順調にいけばあと20試合以上は先発することになる。前出の會澤は「今は状態がいいので、何も変わることはありません。ケガをせずにローテーションを守ってくれればいい」と話していた。九里自身はこれからをどう考えているのだろうか。

「特に『ここをこうしよう』というのはありません。大事なのは任された試合を必死に投げることです。自分の役割を果たし、1年間しっかりとローテーションを守れるピッチャーになりたい。ただそれだけです」