2017.04.26

打てているのに「これじゃない」。
T-岡田とのバッティング禅問答

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro


 ヘッドを寝かせることで、ボールに対して素直にバットが出せるし、力も伝えることができる。しかし、ヘッドの重みを利用してのしなりは感じにくくなる。たしかに数字は残っているが、本人が求める感覚とは明らかな差があるという。あくまで"新打法"は一時的な対処法であり、本人も「最終形とは思っていない」とはっきり口にした。

 岡田の話に頷きながらも、「結果が出ているときに、あまり考え過ぎない方が......」という思いもあった。すると岡田は、「頭で考えているじゃないんです。感覚が『これじゃない』と問いかけてくるんです」と言い、こう続けた。

「バットを振ろうという意識が自分のなかから消えてほしいんです。バットと体が別ではなく、つながっているような感覚で打ちたいんです。でも、まだバットを振ろうとする感覚があるんです」

 そして「バットが立つようになったということは、状態が上がったとき?」と尋ねると、岡田は「そうですね」と即答した。

 遠征前のロッテ戦ではバットを立てて構えており、順調に打率を上げるなど、結果も残していた。それでも岡田は「10段階の5ぐらいです」と言い、「打席に立ちながら、自分のいいときの状態ならもっと上の結果を出せるという思いがあるんです。ヒットは出ても、だましながら打っている感じがあるんです」とまだまだ納得していない表情を見せた。

 アーチストとしての欲求と結果とのギャップ。岡田はこうも語っていた。

「バッティングカウントで決められていないんです。だから長打が出にくい」