2017.04.21

ダルビッシュが絶賛した男・オリックス
山岡泰輔がプロ初登板を自己分析

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • 西田泰輔●写真 photo by Nishida Taisuke

 当時、その発言を受け、某雑誌で日本ハムスカウトの芝草宇宙(しばくさ・ひろし)氏に取材をしたことがあった。ちなみに、芝草氏は日本ハムの投手コーチとしてダルビッシュを指導した経験もある人物だ。ダルビッシュも思わず呟いた山岡の魅力について尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「上背はないですけど、ストレートはウチの武田久とか谷元圭介のような球質で、すごくいいですね。そこにあのスライダー。単に曲がるというのではなく、しっかり指に掛かっているから強さがある。力のあるストレートに対して、"押し込む"という表現を使いますけど、スライダーでも押し込める球質です。だから、ストライクゾーンに入れても打ち取れるし、簡単に長打にもならない」

 あくまで高校生の段階での話ではあったが、芝草氏は「僕らの現役時代で言うなら......」と赤堀元之(元・近鉄)氏の名前を挙げ、さらにスライダーに関しては、2012年夏に2年生ながら甲子園で驚異の奪三振ショーを見せた桐光学園の松井裕樹(現・楽天)に近いとも言っていた。

 なにより、山岡のピッチングを見て感心したことは、両コーナーへの投げ分けだ。特に、打者の左右を問わず、内角に投げ切れることについて、投手としての質の高さを感じた。その点については芝草氏も同じ感想を持っていた。

「プロの投手でもなかなか投げ切れないのに、高校生でインコースを攻め切れるのはすごいこと。投手の攻めは、どうしてもアウトコース中心になりますが、いざというときにどれだけインコースを投げ切れるかで結果が大きく分かれる。勝負どころで相手が打ちにきたとき、インコースを狙った球が甘くなってしまうと長打の危険もある。逆に、しっかり投げ切ることができれば簡単に抑えられる。山岡くんは"そこ"を投げ切れる投手です」