2017.04.13

「面倒くさい投手」濱口遥大が、
消えるチェンジアップでハマの新星に

  • 安倍昌彦●文 text by Abe Masahiko
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

「たしかに、投げてみないとわからない……という部分はあります。でも、そこは濱口の”伸びしろ”と考えています。不安定さはあっても、大学2年で大学選手権準優勝、3年もベスト4。2年続けてあの舞台で結果を出せるピッチャーって、そうはいないですよ。前の日に完投していても、次の試合でピンチに『お前しかいないだろ!』ってリリーフに送れば、連続三振で切り抜けてくれる。ここ一番でビシッと抑えられる力を持った投手。濱口に対していろんなことを言う人がいますけど、アイツこそ絶対的エースだと思っています」

 調子の波が激しく、計算を狂わせたことは何度もあったはずなのに、古川監督は濱口に最大級の賛辞を贈っていた。

 首を振らずに投げるようになって、球筋は暴れなくなった。一方で、捕手のサインには決然と首を振り、自らの意思で試合をコントロールできるようになった。なんとも堂々とした若武者の初勝利だった。

プロ野球記事一覧>>

関連記事