2017.04.08

スワローズ必勝の法則。中村悠平が
攻守で粘ればチームは勝てる!

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

―― 中村選手は「昨年は投手への配慮が足りなかった」と言っていました。

「昨年のピッチャー陣の数字は、中村も悔しかったと思います。ピッチャーとキャッチャーは本当に一心同体ですから。自分自身はサインに納得して投げていますし、キャッチャーのせいにして野球をやったことは一度もありません。配球とかは話し合って詰めていけばいいことですから。本当に中村はいろいろ考えてやってくれています。僕らの世界は、いくら一生懸命頑張ったとしても、結果を出さないと意味がありません。何とか一緒になって、結果を出したいですね」

 開幕2戦目は小川泰弘が先発した。戦況を見る中で気づいたのは、小川の投球を捕った中村の返球が早いことだった。中村がその意図について語る。

「守備からリズムをつくって、攻撃につなげていく。これをチームのスタイルとして確立したいと思っているので、今シーズンからなるべく早くピッチャーにボールを返すようにしています。小川は自分のルーティンを守りたがる投手なので、こちらの意図を伝えて、テンポを上げていこうと話しました。どちらかといえば、自分が主導となって、サインの出し方やテンポなど、ピッチャーをリードする。そこは意識してやっています」

 試合は、小川が5回2失点と粘りのピッチングを見せるも、6回から登板した新外国人のギルメットの乱調でチームは敗れた。しかし、5回に小川が見せたピッチング(梶谷隆幸を三振、ロペスをショートゴロ、筒香嘉智を三振)は、次回の登板に大きな期待を抱かせる内容だった。