2017.04.03

大砲不在のロッテが掲げる
「コツコツ得点野球」は通用するのか

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Kyodo News

── メンタル面さえ克服できれば、一軍でも数字が残せる手応えはあると?

「技術面に関しては、今までにない感覚でできています。内から出すというか、極力ヘッドを出さない。そういうことを今年はやっています。先にヘッドが出てしまうと、ヘッドスピードが遅くなってしまう。CSの経験で得たメンタル面と、今の技術面を合致させてやっていけば、シーズン2本塁打という次元の低いレベルにはならないと思います」

 ロッテ打線は開幕シリーズでソフトバンク投手陣の前に3試合で5得点、本塁打0本と沈黙。チームも3連敗を喫してしまった。しかし、シーズンはまだ始まったばかり。オープン戦で見せたコツコツと得点を重ね、山下コーチが言う「出塁率が高くなれば打率が上がり、ホームラン数も増える」という考えが実現すれば、必ず優勝争いに絡んでくるはずだ。

プロ野球記事一覧>>

関連記事