2017.03.24

藤浪の盟友
「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」が
オリックスで猛アピール

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 西谷監督の現役時代のポジションは捕手。指導のなかには常に”対相手”の目線を強く持っている。たとえば、「野球は投手が投げて始まる」というところから、打者には「いかに打者主導でボールを待てるか」といった準備の大切さを説く。対して投手には、「ボールを持っている利を最大限生かせ」。澤田にもこの部分を徹底的に教え込んだ。

「『呼吸を見る』とまではいかないですけど、打者との間合いはうるさく言いました。ボールを長く持ってからのクイック。間合いを変えてからズバッとインコースに投げ込む。どう考えたら相手に自分のスイングをさせないか。たとえば、ボクシングでどれだけ強いパンチを持った相手でも、距離を詰めたり、離れたりすることで思い通りにパンチを打たせないことができる。澤田のなかでそうした感覚が大学に行ってさらに磨かれ、今につながっていると思います」

 オリックスの福良淳一監督も澤田について「タイミングが取りづらそう」とコメントしているが、まさにそこが澤田の真骨頂である。間合いを誰よりも意識し、心得ているのが澤田なのだ。そこにたどり着くまでには、当然、藤浪の存在も大きかったのだろうと想像する。藤浪が力勝負ならオレは……と。

「たしかに澤田にとって藤浪は大きな存在だったと思いますが、藤浪にとって澤田も非常に大きな存在でした。投球術、制球力、相手を見る目……藤浪にないものを澤田は持っていました。そうした存在が身近にいたことで、藤浪の大きな成長につながったことは間違いないと思います」