2017.03.24

藤浪の盟友
「大阪桐蔭の人気者サワちゃん」が
オリックスで猛アピール

  • 谷上史朗●文 text by Tanigami Shiro
  • photo by Kyodo News

 澤田が選んだ大阪桐蔭は全国から好素材の選手が集まってくる。そのなかには190センチを超える藤浪もいた。ただ、ボーイズリーグの日本代表として世界大会を経験している藤浪ではあったが、当時は超大型投手ゆえの不確実さも目立っていた。西谷監督が振り返る。

「ストレートのキレ、変化球の質、コントロール、マウンド捌き……すぐに使えると思わせたのは完全に澤田でした。藤浪は素材型で、1年後、2年後にどうなっているか、といった感じでした」

 この頃の澤田について、かつて藤浪に聞いたことがあるが、西谷監督と同様の感想を口にしていた。

「澤田は3年生相手の紅白戦だったかシート打撃だったかで、いきなり142キロを出すし、それまで僕が見たことのないような軌道のカットボールを投げたり、上級生相手に全然打たれなかった。単純にすごいなと思っていました」

 藤浪はこの時期、母親に電話をし「ここではエースになれないかもしれない」と漏らしている。しかし、そこから藤浪も想像をはるかに超えるスピードで成長。2年夏からは”浪速のダルビッシュ”と呼ばれ、主戦投手として活躍した。150キロを超すストレートを武器とした力勝負の投球には圧倒的なスケールがあった。

 一方で、安定した投球でベンチの信頼を重ねていた澤田に西谷監督が繰り返したのは「リズムとタイミングとコントロール」のフレーズだった。もともとコントロールには自信があったが、そこに対打者を強く意識したリズムとタイミングを徹底して身につけさせた。