2017.02.26

このティー打撃はすごい!
ヤクルト西浦直亨はレギュラーを獲れるか

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 現時点でヤクルトのショートのレギュラーは大引啓次が最有力候補で、三木肇ヘッドコーチは「大引の壁はかなり高い」と話す。

「西浦は、去年一軍の試合に多く出たことで、プレーを体で上手に表現できるようになりましたよね。スローイングの正確性や強さ、クイックで送球するときの速さなど、今の実力は総合的に見て一軍レベルにあると思います。ただ大引と比べれば、まだまだ足りないところがあります。プレーが起きる前の準備であったり、試合中の状況判断だったり、体勢が悪くなったときのスローイングだったり、そういうところです」

 続けて三木コーチは、「レギュラーを獲るためには、考える幅をもっと広げないといけないし、野球観をもっと身につけてほしい」と言った。

「ショートというポジションは、捕手と同じように守備の要です。大引は自分のプレーを踏まえた上で、守備の要としての振る舞いがうまいと感じます。投手や他の野手との意思の疎通であったり、声かけであったり。だから、大引が守ることで周りの選手に安心感が生まれる。西浦はまだ自分のプレーを精一杯やっているという段階ですからね。この点については、経験や年数を経ないと身につかないものもあるんですけど」

 浦添キャンプの第4クールでのこと。合同練習が終わり、個別練習の時間になると、西浦は室内練習場で杉村コーチとティー打撃を行なった。「ゆっくり丁寧に振っていこう」と声をかけながらトスをあげる杉村コーチに、西浦はスイングで応える。