2017.02.23

炎上もプロセス。斎藤佑樹が決断した、
切り札「スライダー」との決別

  • 石田雄太●文 text by Ishida Yuta
  • 田口有史●写真 photo by Taguchi Yukihito

 それでも栗山監督は「佑樹にとってはすごくよかった、ボールは悪くない、ボールがよくなってきたことと結果は違うということ、そこを整理していけばいい」と、この結果をプロセスだと捉えていた。斎藤も、こう言っていた。

「これまで、ひとつのものを突き詰めることが足りてなかったような気がするんです。甲子園で勝って、でも大学ではもっと変えたいと思って、プロでも、これがいいんじゃないか、こうしたほうがいいんじゃないかといろんなことを変えてきて、それが向上心だと思っていたんですけど、今思うと、ちょっと変え過ぎだったのかもしれないなって(苦笑)。もっとひとつのことを我慢して続ければいいのに、ちょっと転んだだけで、変えなきゃいけないと思ってしまった。結局、弱かったんでしょうね。自分に自信がない。これでいいんだと思えるだけの自信がなかったんです。だから今は、自分がいいと思った信念をブレさせず、我慢してやり続けようと思っています」

 なぜオレだけというネガティブな気持ちと、栄光をもたらしてくれたスライダーというかつての武器をスーツケースから出したら、荷物は驚くほど軽くなった。いろいろ詰め込むから、重くなる。背番号も、斎藤佑樹という名前も、そして結果が求められるピッチングも、もっともっと軽くすればいい――そんなふうに考えることができたとき、暗闇を彷徨い続ける斎藤から、はじめて”余計な力”が抜けるのかもしれない。

プロ野球記事一覧>>

関連記事