2017.02.22

欠点だらけも自信は揺るがず。
ソフトバンク田中正義は「本物のスター」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

 田中の名前をさらに売ったのは、大学3年時のユニバーシアード日本代表壮行試合だった。田中は侍ジャパン大学代表として登板し、ファームの若手主体で編成されたNPB選抜から7者連続三振を奪うなど、4イニングをパーフェクトに抑え込んだ。

 この投球で田中の評価は不動のものとなった感がある。だが、田中はこの試合のことを「困ってしまったんですよ」と振り返る。

「あの試合は真っすぐしか投げるボールがありませんでした。打たれてもいいので真っすぐを投げていたのですが、プロはストライクゾーンが狭いじゃないですか。あの試合は大学野球のストライクゾーンだったので、アウトローのボールに対して『え?』という感じで見逃し三振するバッターもいた。だから『このピッチングを"実力"にされたら困るな』と思っていました」

 実際にはスライダー、フォーク、カーブといった変化球でも三振を奪っていたし、ストライクゾーンも「プロならボール」という球は数球程度だったように思える。ファームの選手中心だったとはいえ、プロが田中のボールに圧倒されていたのは間違いない。それでも、田中本人にとっては「実力にされたら困る」という自己評価だった。

 田中正義は限りなく理想の高い投手だ。自分の理想像に近づくために栄養摂取から妥協することはなく、痛めていた肩周辺のケアや強化にも余念がない。理想が高いがゆえに自己評価が低いようにも見える。

 それでも、田中は「自分がどんな存在になれるのか」を本能的に知っているのではないか。ドラフト会議で指名された直後、田中は記者会見でこう述べている。

「田中が先発だから球場に行こう、と言われる投手になりたい」