2017.02.16

ヤクルト山中浩史がしみじみと語る
「アンダースローの孤独と誇り」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • 小池義弘●写真 photo by Koike Yoshihiro

── 具体的にはどんなイメージを描いていますか。

「僕は球が遅い(最速で120キロ台半ば)ので、まずは緩急ですね。そして、ベースの四隅を狙い、前後、左右、高低、フォームの強弱に、かけ引き。それらを総動員して自分のペースに持ち込むのが理想です。球速は上げたいですけど、130キロくらいになったらバッターの打ちごろになりますからね(笑)。スピードというより、真っすぐの質を高めたい。そのことによって変化球のキレも増すでしょうし、真っすぐにキレがあれば球速以上に速く見えると思うので……」

── 今シーズンのヤクルトは先発投手陣の奮起にかかっているといっても過言ではありません。

「登板する試合は全部に勝ちたいですし、2ケタ勝利はひとつの目安だと思っています。キャンプはここまで順調です。今はただ投げているだけですが、これから実戦に入って打者と対戦しながら、どうすればアウトを取れるのかをしっかり考えながら投げていきたいですね」

 ある日のヤクルト沖縄・浦添キャンプでのこと。最大で7人投げられるブルペンで山中はひとりで黙々と投げ込んでいた。左足を上げ、上体が深く沈み込む。ボールは「よいしょっ」という掛け声と同時に地面に近いところから放たれ、ミットにおさまる音が心地よい。

「いいボールだぁ!」

 江花正直ブルペン捕手が、山中に声をかける光景を見ると、アンダースロー投手は「孤独ではないのだな」と思ったのだった。

プロ野球記事一覧>>

関連記事