2017.02.13

仲良しは大竹さん。謎の「巨人」
ルーキー、リャオ・レンレイの素顔

  • 菊地高弘●文・写真 text&photo by Kikuchi Takahiro

 宮崎県宮崎市の、ひむかスタジアムで行なわれている巨人の二軍キャンプを見に行くと、その巨体から誰が廖であるかはひと目でわかった。

 二軍調整中のベテラン・大竹寛とキャッチボールをする廖は、まるでメジャーリーガーのように強靭な上体を生かして独特なリズムでボールを投げ込んでいた。そして印象的だったのは、廖が1球1球、投げる前に律儀にセットポジションをつくってからモーションを起こしていたことだ。

 本人に聞いてみると、流暢な日本語でその理由を語ってくれた。

「大学でピッチャーを始めて1年目か2年目のときに、郭李さんに『キャッチボールのときから1球1球を無駄にしないように』と言われて、セットポジションで投げるようにしました。セットをつくって腕をしっかり振って投げていれば、腕の振りは強くなってくるとも言われていました」

 ブルペンに入ると、本人が「1球目から全力でいくタイプ」と語るように、いきなりフルスロットルで豪快に腕を振っていた。左足を上げる際に腰をひねってヒザを二塁側に向け、その反動で体重移動してボールを上から叩きつけるようなフォーム。捕球する小田嶋正邦ブルペン捕手からは「角度いいよ!」という声も上がった。

 ただし、時折凄みのあるボールは見せるものの、指に掛かったボールとそうでないボールとの差がはっきりしており、コントロールもアバウトだった。そして何より気になったのは、リリースポイントがバラバラだったこと。その点は小田嶋ブルペン捕手もこう指摘する。