2017.02.02

山口俊の抜けたDeNA。石田健大
「逆に楽しみにしてもらっていい」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • 益田佑一●写真 photo by Masuda Yuichi

── 新たにドラフト1位で濱口遥大投手が加入し、気がつけば、DeNAは左腕王国になりつつあります。石田選手にとってはいい刺激になるんじゃないですか。

「同じサウスポーがいることで刺激を受けますし、自分も頑張れるっていうのはあります。ライバルだけど大事な存在というか......。実際、昨年は今永が入ってきてキャンプでボールを見たときは、『ヤバい』って思って、それが発奮材料になりましたからね。それに、うちの投手陣はわからないことがあったら教え合うし、『互いに成長できれば』といった環境なんです」

── DeNAの投手陣からは、先発、リリーフ関係なく非常にまとまりを感じるのですが、山口俊選手のFA移籍による影響はどうでしょうか。

「もちろん抜けたことはチームにとって痛手だとは思いますが、いなくなった分、選手たちの気持ちがまとまったというか、僕も含め、自分がやらないといけないという思いに駆られているので、そういう意味では逆に楽しみにしてもらっていいと思います」

── 昨年はクラマックスシリーズという舞台で投げて、石田選手はあの舞台に戻りたいと語っていましたが、投手陣として優勝を狙う上で必要なことはなんだと思いますか。

「やはり先発もリリーフもそうですけど、まずは自分の仕事をしっかりとやること。昨年は、割とそれができていたと思うんです。あとは、やはり勝てていた試合を落とすというのがいちばんガックリくるというか、次の試合にも響くと思うので、そういった試合を極力減らすということですね」