2017.01.24

ヤクルト待望のパワー型・星知弥が
目指すのは「藤川球児の真っすぐ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sportiva

── 先発とリリーフ、星選手はどちらも経験がありますが、プロではどっちをやってみたいですか。

「高校のときもリリーフでしたし、経験値としてブルペンの方が高いと思っています。先発の場合、試合開始までの間に『どうやって抑えようか』とかいろいろ考えちゃうところがあって......自分はあれこれ考えちゃうと抑えられないので、性格的にもリリーフの方がいいかなと。リリーフはいつ投げるかわからないじゃないですか。何も考えずに、その場の雰囲気を感じとって投げる方が、いい結果が出ることが多いですね。ただ、こだわりはありません」

── 性格の話が出ましたが、自己分析をすると?

「マイペースです。トレーニングにしても、もちろん毎日やりますが、時間帯はバラバラです。夜やるときもあるし、『あっ、今やりたいな』と思ったら迷わずやります。気が向かないときにやってもプラスにならないと思うんですよ。ただ、神経質なところもあります。自分でも『ヘンだな』と思うのですが、階段は絶対に右足から上らないといけない。どんなに歩幅が合わなくても右足になるように合わせます。右足から上って、左足で終わる。これは絶対です(笑)」

── マウンドの上でゲンをかついだりすることはありますか。

「自分のなかで『ヘンだな』と感じたら空を見ます。試合には流れってありますよね。そのなかで集中できていないとか、気持ちが高ぶりすぎているとか、そう察したときに空を見るようにしています。そうすることで落ち着くことができるし、状況がしっかりと把握できる。もともと試合の流れは感じやすい方でした。ベンチの雰囲気などを見て『このイニングは流れが悪いな』とか......。空を見るようになったのは大学4年になってからです。それまでの積み重ねがあって、できたことだと思っています」