2017.01.24

ヤクルト待望のパワー型・星知弥が
目指すのは「藤川球児の真っすぐ」

  • 島村誠也●文 text by Shimamura Seiya
  • photo by Sportiva

── キャンプが近づいています。ここまでどんな準備をされていますか。

「球団からはトレーニングメニューをいただいているので、それにプラスして自分の今までしてきたことをやっています。実際にキャンプが始まれば、特にプロのトレーナーの方は引き出しが多いと思うので、自分の力を出してくれるんじゃないかという期待感があります」

── これからプロのマウンドに上がるわけですが、新たに必要だと思うものはありますか。

「球種を増やすとかは考えていません。真っすぐはある程度手応えがあるので、いま投げている変化球の精度を上げることを最優先に考えています。なかでもフォークの精度を高めていきたいと思っています」

── 星投手は最速156キロです。ヤクルトにとっては待望のパワーピッチャー獲得です。

「2位で指名していただいたのも、真っすぐを評価してくださったからだと思っています。目指しているのは阪神の藤川球児投手の真っすぐです。藤川投手の映像は何度も見ましたが、真っすぐとわかっていても打たれないじゃないですか。それに比べると自分の真っすぐはまだまだですが、大学1年のときよりもボールの質はよくなっていると感じています。簡単に前に飛ばされていたボールがファウルになったり、空振りを取れるようになってきた。わかっていても打たれない真っすぐ。それが理想です」

── 打たれない真っすぐということでは、同郷の先輩である江川卓さんもそうでした。

「江川さんがプロに入ってからの映像は見たことがあります。ただ、高校時代の映像が見たいんですけど、見つからないんですよね。みなさん『高校時代の江川がいちばんすごかった』とおっしゃるんで見てみたいんですけど......」