2017.01.19

清宮以外も大砲候補がゴロゴロ。
2017年ドラフトは「野手が大豊作」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 大学生では、昨年の大学選手権で長打力と堅守をアピールした宮本丈(奈良学園大/遊撃手)に注目が集まりそう。また、山﨑剛(國學院大/二塁手)、鳥巣誉議(上武大/三塁手)といった類まれな打撃センスを持つ好打者も春の活躍次第で評価を高めるだろう。社会人では、外野手にコンバートされてのびのびとプレーしている藤岡裕大(トヨタ自動車/外野手)が悲願のプロ入りを目指している。

 近年、人材難が叫ばれている捕手では、前出の村上の他にも福永奨(横浜)、中村奨成(広陵)という強肩強打の好素材が目立つが、さらなる人材の台頭にも期待したい。

 一方、歴史的な大豊作だった昨年に比べると見劣りしてしまうものの、投手にも楽しみな有望株がいる。

 目玉になりそうなのは、ともに高卒3年目の社会人投手である田嶋大樹(JR東日本)、鈴木博志(ヤマハ)の2人だ。田嶋は佐野日大時代からドラフト指名間違いなしと言われた好素材だが、社会人に進み1年目から順調にキャリアを重ねている。しなやかな腕の振りから放たれる、えげつない球道の快速球とスライダーで三振を量産する。鈴木は故障を抱えて社会人入りしたが、1年間の地道な鍛錬を経て体が万全になると、球のスピードが飛躍的に向上。昨夏の都市対抗では最速154キロをマークして観衆の度肝を抜いた。

 鈴木のようにリリーフタイプの速球派投手が多いのも、今年の社会人投手の特徴と言えるかもしれない。西村天裕(NTT東日本)、柏原史陽(JX-ENEOS)、齋藤俊介(JX-ENEOS)、永野将司(Honda)といった投手たちは、いずれも最速150キロ台の快速球で押すイキのいい逸材だ。