2017.01.19

清宮以外も大砲候補がゴロゴロ。
2017年ドラフトは「野手が大豊作」

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 安田、村上、岡田の3選手はいずれも左打者で、ツボにはまった際の長打力は超高校級の破壊力がある。特に安田は履正社の主砲として昨秋の明治神宮大会優勝に貢献。身長188センチ、体重92キロの立派な体躯を誇り、早実との決勝戦では清宮に負けじと特大本塁打を放っている。出場が確実視される今春のセンバツでは、「東の清宮、西の安田」として注目されることは間違いない。昨秋時点で、安田は清宮に対して「レベルが違います」と語っていたが、センバツで成長を見せられればドラフト戦線はますます過熱するだろう。

 左打者のスラッガーが目立つなかで異彩を放つのは、右の大砲・岩見だ。身長187センチ、体重110キロの巨漢。一浪の末に慶大に入学しており、レギュラーに定着したのは3年春からだが、ここまでリーグ通算91打席ですでに9本の本塁打を放っている。通算打率.337と確実性もあり、警戒される最終学年で結果を残せれば、念願のプロ入りに大きく前進する。

 社会人では2015年のドラフト会議でまさかの指名漏れを味わった谷田、プロ志望届を提出していれば上位指名濃厚だった丸子など、左の大型打者がプロ解禁になる。年齢的に即戦力に近い働きを求められるだけに、今年はより精度を高めたいところだ。

 また、大砲タイプでなくともポテンシャルの高い野手はいる。その筆頭格は増田珠(横浜/外野手)だろう。1年時から名門校の主力として活躍し、長打力のある打撃、守備範囲の広さと強肩が光る外野手だ。今年も順調に成長すれば、ドラフト1位で指名される可能性は十分にある。すでに甲子園を2季経験している太田英毅(智辯学園/二塁手・遊撃手)も潜在能力は高い。出場が濃厚な今春センバツでは、持ち前の華のあるプレーで存在感を見せられるか。